• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

アニメ・VTuber・バーチャルアーティスト等企画のバルス、GMOベンチャーパートナーズなどから資金調達を実施

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

アニメ・VTuber・バーチャルアーティスト等を企画しているバルス株式会社(本社:東京都千代田区、代表:林範和)は、GMOベンチャーパートナーズ株式会社、三井住友海上キャピタル株式会社をはじめとする計3社より合計3.5億円の資金調達を実施したことを発表した。

バルスは、3DCGを活用したVR・ARなどのxRコンテンツの企画から制作・運営までを一貫して自社単独で提供している。

オリジナルのアニメ・ゲーム・VTuberやバーチャルアーティスト等の企画立案およびプロデュースや、xRライブの企画・モーションキャプチャー・ライブ製作まで幅広い知見でクライアントのニーズに対応することに強みを持っている。

今回の資金調達により、xRTechライブエンタテインメント分野における技術開発及び設備への投資、全国および海外のライブ会場の拡大・手軽なバーチャルキャラクターの制御技術の開発等を行っていく。

今後は、全国はもとより、海外でもバーチャルアーティストのライブが展開できるよう拠点を増やしていくことにも注力し、バーチャルキャラクター市場の裾野を広げるためにも、大規模なライブイベントだけではなく小規模なイベントを簡易的にできる仕組みの拡大、手軽に使えるバーチャルキャラクターの制御技術の発表も予定している。