• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

献立・買い物アプリ「タベリー」運営の10X、総額2.5億円の資金調達を実施

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

献立・買い物アプリ「タベリー」を提供する株式会社10X(本社:東京都中央区、代表取締役:矢本真丈)は、同アプリ内で新たに「オンライン注文機能」のサービス提供を開始に伴い、第三者割当増資により総額2.5億円の資金調達を実施したことを発表した。

「タベリー」はこれまで、個人の嗜好や条件にあった献立の提案、およびその献立に必要な材料の買い物リストが簡単に自動作成できるサービスを提供してきた。

今回のアップデートにより、「タベリー」アプリで作成した1週間分の献立に必要な買い物リストの食材を、たった数タップでオンライン注文することが可能となる。

第三者割当増資の引受先は米国・中国・日本を中心に約4500億円の資産を運用し20社以上のユニコーンを創出してきたシリコンバレー拠点のベンチャーキャピタルのDCM Ventures、および個人向けサービスの開発・運営に深い知見を持つ個人投資家となっている。

今回調達した資金は、プロダクトの成長と人材の採用へ投じていき、10Xのプロダクトを通じて、さらなる社会の課題解決に向けて努めていく。