• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

海外旅行特化型メディア「旅MUSE」運営のバリーズ、三越伊勢丹イノベーションズから資金調達を実施

  • 0
  • feedy

海外旅行特化のデジタルメディア『旅MUSE(タビミューズ)』を運営するバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:野々村菜美)は、D2C事業を中心とした女子旅コミュニティサービスの拡大を目的として、株式会社三越伊勢丹イノベーションズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:金原章)を引受先とする、第三者割当増資を実施したことを発表した。

バリーズは、2014年12月の創業以来、「海外×女子旅」に特化したバーティカルメディアの運営を通じて、様々な顧客ニーズに応えるためには、メディアという枠を超え、「旅好き女性のファンコミュニティを中心とした女子旅サービスプラットフォーム」へと深化する必要があると考え、今回の調達に至った。

本プラットフォームでは海外旅行のD2C事業に加え、オンラインサロン事業、リアルイベント事業、旅行関連プロデュース事業などを拡大展開していく。

今回の資金調達により、ミレニアル女性を対象とする海外旅行メディア『旅MUSE』のリブランディングを図るとともに、海外旅行のD2C事業に戦略投資を行い、新たな収益の柱とすることを目指していく。