• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

価値提供プラットフォームアプリ「temite」運営のCreation City Lab、NIPPON Platformから資金調達を実施

  • 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

価値提供プラットフォームアプリ「temite(テミテ)」を開発・運営する、Creation City Lab株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:井上圭一)は、第三者割当増資によりシードラウンドとして資金調達を実施したことを発表した。

Creation City Labは、既存のマーケティングの土台・仕組み・価値観を変えるゲームチェンジャーになるべく、2019年2月にスマートフォンアプリ「temite(テミテ)」をローンチした。

「temite(テミテ)」は、集客や宣伝広告を効率良く、低コストで実施したい企業に向けて開発したアプリサービスで、アプリユーザーは、アプリ内の商品やサービスを店舗に行き、サービスの提供を受けて(体験して)会計を済ませ、その後、SNSに体験内容をレポートとして投稿(画像・テキストなど)し、そのレポートがtemiteのルールや規定に沿っていれば、対価として報酬を獲得することができる。

今回の資金調達は、エンジニアの増強をおこなうことを目的としたもので、これにより、さらにシームレスなサービス展開を進めていく。