1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. IT・インターネット
  4. 日本酒接客支援ツール「サケロジー」開発のSAKELOGY、資金調達を実施

日本酒接客支援ツール「サケロジー」開発のSAKELOGY、資金調達を実施

  • feedy

日本酒接客支援ツール「SAKELOGY(サケロジー)」を開発・運営する株式会社SAKELOGY (所在地:大阪市淀川区、代表取締役:星野翠)は、インキュベイトファンド、ALL-JAPAN観光立国ファンド, 個人投資家の曽我健氏を引受先とした第三者割当増資と、北國銀行からの融資により総額4,200万円の資金調達を完了したことを発表した。

SAKELOGYは、日本酒のデータベースを利用した、日本酒メニューの作成システムである。

飲食店や小売店が自店の日本酒銘柄のメニューをクラウド上で簡単に作成可能で、来店客はスマホやタブレットを使って、店が提供する日本酒に合った飲み方や酒の肴を選んでもらうことができる。

今回の資金調達により、石川県内でのパートナーシップの拡大と、SAKELOGYの導入を待っている顧客へのサポートを拡充していく。