• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

DMM.comがXYZ・IGUAZUとパートナー契約、XYZの3Dプリンターを活用した運用代行サービスを開始

  • 0
  • feedy

合同会社DMM.com(本社:東京都港区 、会長 兼 CEO 亀山敬司、 以下DMM)は、3Dプリント事業において、XYZプリンティングジャパン株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役:沈 軾栄(Simon Shen)、以下 XYZ)と正規パートナー契約を締結し、産業用3Dプリンターの販売ノウハウと豊富な販売ネットワークを持つ株式会社イグアス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:矢花 達也、以下 IGUAZU)とのパートナー契約のもと、XYZが製造販売するプリンターの販売・運用代行サービスを開始した。運用代行サービスでは年間固定費と材料費で運用を委託することができ、導入企業は初期コスト・運用コストを最大数千万円単位での削減が可能となる。

DMMが展開している3Dプリントサービスは2013年のサービス開始以来、お客様からお預かりした3Dデータの出力である「受託造形サービス」をメインに展開していた。

今回のXYZとの正規パートナー契約により、これまで培った様々なノウハウを生かし、XYZの3Dプリンターの販売および同社の3Dプリンターを活用した運用代行サービスを開始し、企業の製造支援に乗り出す。

産業用3Dプリンターの導入は、運用に必要な付帯設備の構築にかかる初期費用に数百〜数千万円、年間では人件費やメンテナンスコストとして数百万円かかり、コストやノウハウの蓄積がなく導入を断念されるケースが多くあった。DMMは石川県加賀市に東京ドーム2個分の敷地内に物流センター内を保有しており、産業用のプリンターから小型プリンターまで、数十台のプリンターを運用している。この設備を活用することで導入を検討している企業に対し、低コストで3Dプリンターの使用を実現することが可能となる。なお、運用代行は海外ではすでに主流のサービスとなっているが、国内での事例は少なく、今回開始する事業では数億円規模の国内最大級のサービスを目指すと言う。