• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

革新的サイバーセキュリティ会社 株式会社Blue Planet-works本年第三ラウンド23億円の増資を実施し、事業展開加速化

  • feedy

株式会社Blue Planet-works(本社:東京都渋谷区:代表取締役 中多広志)は、2017年(第一、第二ラウンドの増資により110億円の資金調達)に続き、2019年8月までに第三ラウンドの増資(23億円)を完了、これまでに合計133億円の資金調達を完了した。

Blue Planet-works社(以下、「BPw」)は、革新的な「AppGuard®」テクノロジ・プラットフォームをベースとしたサイバーセキュリティ製品及びサービスを提供する日本発のグローバル・サイバーセキュリティ・カンパニーである。同社は、「Safety for the Connected World」をビジョンに掲げ、今後、IoTや5G の世界が広がることにより、これらの「コネクテッド・ワールド」においてあらゆる「モノ」のつながりの信頼関係や個人のプライバシー情報を守るソリューションが必須となる「信頼 TRUST」基盤を提供。

この度の出資には、2019年1月にJJP投資事業有限責任組合様から、同年7月~8月にはディーアールエス株式会社様(以下、「DRS」)、太陽石油株式会社様、株式会社内田洋行様、森トラスト株式会社様等に参画いただいた。

この度の出資について、DRSは、下記の内容のリリースを配信している。

「 BPwの主要製品である「AppGuard®」は、ウィルスの「侵入を防ぐ」のではなく「侵入されても発症させない」というコンセプトに基づき、特許技術を用いて未知・新種の攻撃からシステムを保護する画期的なセキュリティソフトウェアです。20年以上にわたって「AppGuard」を使用している米国政府系機関において、一度も破られていないという実績を誇っています。また、従来のホワイトリスト型セキュリティソフトと比較して「軽量化によりシステムに負荷をかけない」「リストの更新負荷が低い」という特徴を有しています。」「DRSはこれまで、「人とITを繋ぐ最適な環境を提供する」ことを経営ビジョンとして掲げ、PCに関連するハードウェア・ソフトウェアのレンタル、リースに加えて、導入からリサイクルに至るまでをサポートする「ライフサイクルマネジメントサービス」を提供してまいりました。今般のBPwとの資本業務提携を機に、「AppGuard®」を軸としたサイバーセキュリティソリューションを商品ラインナップに加え、これまで以上にお客さまの安全かつ快適なIT環境の実現に貢献できるよう努めてまいります。」

2019 年 1月にJJP1 号投資事業有限責任組合を通じて出資いただいた株式会社スマートバリュー様とBPwはアライアンス締結し、2019年8月に下記リリースを配信している。

「スマートバリューが 2019 年にサービス開始を予定している「クルマのサービス化」事業を行う事業者向けのプラットフォーム「Kuruma Base」へ、「TRUSTICA®」を導入いたします。カーシェアリングサービスを利用されるユーザーが、車両を予約、解錠、施錠、決済等を行うスマートフォンアプリに「TRUSTICA®」のアプリ改ざん防止機能を搭載し、不正に車両が利用されるリスクを最小化するとともに、個人情報の漏洩防止へつなげてまいります。
また今後、スマートバリューが開発したモビリティ向け IoT プラットフォーム「クルマツナグプラットフォーム」へ「TRUSTICA®」の導入を予定しております。」

今般調達した資金を活用し、弊社エンジニアの採用強化など積極的な投資を進め、これまで以上のスピードで事業を拡大させていく。

BPwは、きたるモノとモノ、ヒトとヒトがつながる「コネクテッド・ワールド」が拡大をしていく中の必須条件でと考える安全な社会基盤セーフティの構築に貢献すべく、革新的サイバーセキュリティテクノロジー「AppGuard®」の一層の浸透と「TRUSTICA®」の普及を目指して、役職員一丸となって弊社事業の一層の発展加速に邁進していくと言う。