1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. IT・インターネット
  4. 日本のLegalTechをけん引する日本法務システム研究所は第三者割当増資により、約8,000万円を調達

日本のLegalTechをけん引する日本法務システム研究所は第三者割当増資により、約8,000万円を調達

  • feedy

日本のLegalTechをけん引する日本法務システム研究所株式会社(本社:文京区本郷、代表取締役CEO:堀口 圭、以下「JLSI」)は、2019年12月現在、マネックスベンチャーズ株式会社、株式会社UB Ventures、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社、株式会社KVP各社の運営するファンド及び弁護士ドットコム株式会社を引受先とする第三者割当増資により、約8,000万円を調達したことを、発表した。

JLSIは、法務向けソリューションサービスを提供するリーガルテック※1分野のスタートアップである。同社は人工知能(AI)および自然言語処理における独自開発によって、法律文書向けクラウド型編集・管理システム「LAWGUE(ローグ)」β版を2019年5月20日(月)にリリースした。現在までに大手企業・官公庁様を中心に200社程度のお問い合わせ・お申込みをいただいていると言う。

資金調達の目的

今回の調達では、JLSIが法律従事者や企業法務担当者を中心とした対象に推進する法務向けソリューションサービスの開発強化、企業全体のフローの改善を可能とするシステム化、そしてSaaSモデル確立の実現を目指していく。

また、株式会社UB VenturesからはSaaSの、弁護士ドットコム社からはクラウドサイン※2事業のノウハウ習得や各社とのマーケティング連携による事業展開も計っていくと言う。