• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

地方創生

6

とちぎ地域活性化ファンド、障がい者福祉施設向けクラウドソーシング事業のミンナのシゴトに出資

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社栃木銀行(取締役頭取 黒本淳之介)と株式会社とちぎんキャピタル(代表取締役 江連美久)が平成27年2月に設立した「とちぎ地域活性化投資事業有限責任組合」(通称:とちぎ地域活性化ファンド、運営会社:株式会社とちぎんキャピタル)は、株式会社ミンナのシゴト(代表取締役 兼子文晴)に対する出資を実施したことを発表した。

本ファンドは、「とちぎん地域産業創生プログラム」の一環として設立したもので、創業・新事業または将来成長が見込まれる地域企業に対し、「株式による出資」と併せ、栃木銀行グループの多様なネットワークを活用して企業の成長を全面的に支援する等、事業の持続的な成長発展・雇用の創出を目的としている。

ミンナのシゴトは、グループ会社での就労継続支援A型・B型事業所の運営および大手企業との業務提携実績を活かし、売上確保に悩む事業所向けクラウドソーシング事業を開始。パソコン操作に不慣れな障がい者でも作業しやすいシステムを提供し、ミンナのシゴトが作業のアドバイスや進捗状況・品質の管理まで行うことで、障がい者に対する雇用機会の拡大が期待できる。

本事業は、「第3回とちぎんビジネスプランコンテスト」においてとちぎんたまご賞を受賞。また国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)が掲げる目標達成にも寄与し、全国の障がい者や就労継続支援事業所、企業が抱える社会課題を解決するビジネスモデルとして社会的意義および今後の成長が見込めることから、本ファンドの運用趣旨と合致し、今回出資を行い支援するに至った。