• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

電縁とOrb、「Orb DLT」でのシステム構築に関する協業開始

  • feedy

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、以下 ガイアックス)の100%子会社である、株式会社電縁(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤俊男、以下電縁)と、株式会社Orb(本社:港区赤坂、代表取締役兼CEO:仲津正朗、以下「Orb」)は協業開始の基本合意に達したことを発表した。今回の協業はOrb と電縁による「Orb DLT」を使用したシステム導入の協力体制の強化を目的としている。

電縁は、早くからブロックチェーンを利用したシステムに関する事業化コンサルティング、システム構築、実証実験支援といったサービスを提供しており、ブロックチェーン基盤の種類を問わず、ノウハウを蓄積してきた。
一方、Orbの独自開発である「Orb DLT」は、ブロックチェーンの持つ非中央集権管理と改ざん耐性の機能を分散台帳上に実装し、『決済』と『契約』に関わるシステムを安全かつ高パフォーマンスに実装することができるソフトウェアである。
両社それぞれの強みを活かし、「Orb DLT」を用いたサービスのためのシステムの構築プロジェクトにおいて、作業の効率化・高品質化および完成するシステムの安定性・安全性の向上が期待される。

今回の協業では、Orbは「Orb DLT」を決済・契約にかかるプラットフォームとして提供する。
電緑は、「Orb DLT」を用いたシステムの基盤構築と、「Orb DLT」のミドルウェア群であり、『決済』と『契約』をリアルタイムで処理する「コアシリーズ」を用いたアプリケーションの実装を担当する。
今後、両社ではシステムインテグレーション領域だけでなく、コンサルティング領域での協業体制の強化も検討していく。