• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

4

IoTデバイス開発のBraveridge、ジャフコから5億円調達

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社Braveridge(本社:福岡市西区、代表取締役社長:吉田剛)は、株式会社ジャフコ(本社:東京都千代田区、 取締役社長:豊貴伸一)が運営するファンドを引受先とする総額5億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。Braveridgeはこの資金調達により、各種デバイス開発やサービス提供を加速し、PoC(実証実験)不要で「真のIoT」を容易に実現するシステムを提供していく。

Braveridgeは、無線通信技術と豊富な製品企画開発力を軸に、独自開発無線モジュールやこれらを応用したIoT関連OEM/ODM製品の企画・開発から量産まで行う「中国より安価な国内生産メーカー」となる。また、福岡県糸島市にてLoRaWANネットワークの整備(市内20箇所にゲートウェイを設置し大半のエリアをカバー)とデバイスの開発製造を行い、見守り・水位管理・バス管理等の公共サービスの実証実験を開始する等、「IoTサービスプロバイダー」としての取り組みも開始している。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy