• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

7

東大発無線通信ベンチャー・ソナス、総額3.5億円の資金調達を実施

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

IoT向け無線通信プラットフォーム“UNISONet”を展開するソナス株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:大原壮太郎)は、シリーズAラウンドで、総額3.5億円の第三者割当増資を実施した事を発表した。引受先は、グローバル・ブレイン株式会社(所在地:東京都渋谷区:代表:百合本安彦)、ANRI(所在地:東京都渋谷区、代表:佐俣アンリ)となる。

ソナスは2017年に事業を開始し、土木・建設業界のお客様を中心に、独自の無線通信プラットフォーム“UNISONet”を活用した加速度モニタリングシステムを提供してきた。

今回の資金調達により、組織基盤の強化を目的とした人員拡充等を行い、より多様なIoTソリューションの展開を加速するとともに、工場・プラント等への進出を含め、さらなる適用領域の拡大を図っていく。

<ソナス株式会社について>
ソナス株式会社は、東京大学で省電力無線センサネットワークの研究開発を行ってきたメンバーを中心に創業されたベンチャー企業。多様な産業にあまねくIoTの恩恵がもたらされる世界を目指し、本格的なIoTサービスを手軽に実現可能とする、省電力かつ高性能な無線ネットワーク技術をベースに、各種センシングソリューションの開発・提供を行っている。

<UNISONetについて>
UNISONetは、ソナスがフルスクラッチで開発した無線通信プラットフォーム。「同時送信フラッディング」という最新技術の採用により、温度・湿度といった小容量のセンシングから、加速度・画像といった大容量のセンシングまで、無線のチューニングを行うことなく実用的なシステムを構築できる。橋梁での地震モニタリングや機械設備の予防保全等のための振動計測、農場での植物生育モニタリング等、既に多くの領域で実績を積み重ねている。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy