• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

パソナグループ、パートナーロボット開発のMira Roboticsと資本業務提携

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表:南部靖之)は、人の生活を支援するパートナーロボットの開発を手掛けるMira Robotics株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役CEO:松井健)と10月31日(水)に資本業務提携したことを発表した。

パソナグループは創業以来、就労支援、子育てや介護支援等の事業を展開している。

Mira Roboticsは、多様化する生活スタイルに合わせたロボティクスサービスとして、家庭用ロボットをはじめ、ロボットインテリジェンスやクラウド連携サービスの開発・サービス提供を行う会社として2018年2月に設立した。
同社が開発中のパートナーロボットは、人間の手によって遠隔操作することができるため、留守中の家庭でも安心してサービスを利用することができます。

パソナグループは、働く人を応援するパートナーロボットの普及を目指し、今回の資本業務提携に至った。
また、第一弾として、洗濯や清掃等の家事を担うパートナーロボットのサービス提供を2020年をめどに目指し、今後はパートナーロボットの操作を行うオペレーションセンター等で活躍する専門人材の育成・派遣を行っていくと発表した。