1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. IOT・ロボット
  4. エッジコンピューティングに取り組むIdein株式会社が8.2億円の第三者割当増資を実施

エッジコンピューティングに取り組むIdein株式会社が8.2億円の第三者割当増資を実施

  • feedy

dein株式会社(読み: イデイン、本社:東京都千代田区、代表取締役:中村晃一、以下、Idein)は、第三者割当増資により、総額8.2億円の資金調達を実施した。

第三者割当増資の引受先は、リードインベスターであるグローバル・ブレイン株式会社(以下、グローバル・ブレイン)が運営するグローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合及び7号投資事業有限責任組合、株式会社博報堂DYベンチャーズが運営するHAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND投資事業有限責任組合、Sony Innovation Fund by IGV(ソニー株式会社と大和キャピタルホールディングスが創設したInnovation Growth Ventures株式会社が運営するInnovation Growth Fund I)、ソニーフィナンシャルベンチャーズ株式会社とグローバル・ブレインが共同で設立したSFV・GB投資事業有限責任組合、株式会社DG Daiwa Venturesが運営するDG Lab1号投資事業有限責任組合となっている。

Ideinは、実世界の情報を扱うシステムの為のプラットフォームサービスActcastの開発を進めており、2019年7月31日β版をリリースした。Actcastとは、ソフトウェア技術を利用して実世界の情報を取得しWebと連携するIoTシステムを構築・運用する為のプラットフォームサービスである。セキュリティ、産業IoT、リテールマーケティングなど様々な分野でご利用いただく事が可能だ。
今回の資金調達により、優秀な人材の確保、業務環境の拡充、財務基盤の強化を図り、Actcastの本格的な事業展開に取り組んでいくと言う。