• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

ロボット・AIベンチャーの株式会社アールティはシリーズB第三者割当増資・借入を実施、シリーズAからの累計で約5億円を調達

  • feedy

ロボット・AIベンチャーの株式会社アールティ(東京都千代田区、代表取締役 中川友紀子、以下 アールティ)は、トヨタ自動車株式会社、株式会社三井住友銀行を主要投資家とするスパークス・アセット・マネジメント株式会社(東京都港区 代表取締役社長 阿部修平)の運用する未来創生2号ファンド、DBJキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 内山春彦)の運用するDBJキャピタル投資事業有限責任組合、みずほキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 大町祐輔)の運用するみずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合、池田泉州キャピタル株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役 石飛光俊)の運用するSI創業応援ファンド投資事業有限責任組合の引受による、シリーズBラウンド第三者割当増資に、借入を加えた約4億円を調達致しました。また、シリーズAラウンドからの累計調達額は約5億円となる。

これらの調達資金により中食業界の喫緊の課題である人手不足の一助となるべく、弁当工場の盛付けラインで人と一緒に働き、山積みの食材を見分け取出す作業を可能にした当社独自開発の人型協働ロボットFoodly(フードリー)の開発・販売加速のため、優秀な人材獲得を含めた事業体制強化に充てる予定だと言う。