1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. IOT・ロボット
  4. Plug and Play Japan、旭化成ホームズとIoT 分野における「エコシステム・パートナーシップ」を締結

PlugandPlayJapan、旭化成ホームズとIoT分野における「エコシステム・パートナーシップ」を締結

  • feedy

Plug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下「Plug and Play Japan」)は、旭化成ホームズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 社長執行役員:川畑 文俊、以下「旭化成ホームズ」)とIoT分野での「エコシステム・パートナーシップ」契約を締結した。

Plug and Play は革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを、大手企業とともに支援していく世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターである。

※アクセラレーションプログラムとは
大手企業がスタートアップと協業・出資などを目的とし、オープンイノベーションの一環として期間限定で行われるプログラム。

パートナーシップを締結した旭化成ホームズは、「LONGLIFE(ロングライフ)」な商品やサービスを提供することで、人生100年時代と言われる超高齢社会を迎え、価値観や住まいのあり方が多様化しつつあるお客様の「いのち・くらし・人生」全般を支えていくことを目指している。そうした両社が協業し、スタートアップとのオープンイノベーションの取り組みを実施することで、より豊かな社会の実現を後押しできると考え、今回のパートナーシップ締結に至った。