1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. IOT・ロボット
  4. 自動車事故削減を目指すピレニー物流大手SBSロジコムと業務提携を締結

自動車事故削減を目指すピレニー物流大手SBSロジコムと業務提携を締結

  • feedy

自動車事故削減を目指しドライバー用AIアシスタントを開発中の株式会社Pyrenee(代表取締役:三野龍太、以下:ピレニー)は、物流大手SBSロジコム株式会社(代表取締役:鎌田正彦、以下:SBSロジコム)と12月12日に『Pyrenee Drive(※1)』の開発等に関する業務提携を行ったと発表した。

今回の業務提携は、業界大手SBSロジコムが有する運送業務に関する知見と今後収集する実証データをドライバー用AIアシスタント『Pyrenee Drive』の開発に生かし、自動車の重大事故の防止や安全運転に貢献することを目的としている。ドライバー用AIアシスタント『Pyrenee Drive』の開発には、実際の車両を使用して繰り返し行ったAI学習用の実験データや交通データを収集する事が大変重要である。今後ピレニーは、SBSロジコムが所有する約1000台の運送車両を対象に『Pyrenee Drive』の試作機を搭載することでリアルな実証データの収集が可能になる。併せてSBSグループの「姉崎自動車教習所」のコースにおいて自動車事故の状況を再現した試験を行ってデータを収集し、事故防止機能の開発や改善に役立てます。ドライバー用AIアシスタント『Pyrenee Drive』は、来年度中の商品発売を目指していると言う。

写真(左上から) Pyrenee Drive(開発中)、画面イメージ、衝突試験イメージ、SBS社屋

※1 :ドライバー用AIアシスタント『Pyrenee Drive』とは
道路上をモニターするステレオカメラ、ドライバーの顔認識を行うインカメラ、リアルタイムでAI計算を実行するNVIDIA製の高い処理能力を有するGPUチップ、タッチパネル液晶ディスプレイ、LTE通信モジュール等を装備。また、本体に搭載するAIが物体認識と危険予測を行い、事故の可能性を感知した場合には素早く音声と画面表示でドライバーに危険が迫っている事を知らせて事故の回避をアシスト。併せて、独自の音声アシスタントやドライブレコーダー、ナビゲーション、音楽再生、通話なども行える仕様になる予定。更に、発売後も、全ユーザーが体験した危機状況の映像やデータをクラウドに集めてAIの追加学習を続け、学習を重ねるごとに予測精度と予測速度を上げる予定である。
詳しくはこちら:Pyreneeホームページ(https://www.pyrenee.net
(来年度発売予定の量産品とは仕様が異なる可能性があると言う)