1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. マテリアル・新素材
  4. 石油由来成分ほぼ0%を実現した植物由来生分解性のプラスチック代替新素材PAPLUS®を発表

石油由来成分ほぼ0%を実現した植物由来生分解性のプラスチック代替新素材PAPLUS®を発表

  • feedy

リサイクル素材開発ベンチャーの株式会社カミーノ(本社:東京都港区、代表取締役:深澤幸一郎、以下カミーノ)は、紙と植物由来生分解性樹脂(ポリ乳酸)を複合した低環境負荷の新素材PAPLUS®(パプラス)を開発した。本製品は、牛乳パックや企業排出古紙をトウモロコシやサトウキビ由来の生分解性樹脂(ポリ乳酸)を複合させることで、石油由来樹脂成分をほぼ0%に削減すると同時に、紙の資源循環を実現することが可能なバイオプラスチック成形品である。これまでポリ乳酸等のバイオプラスチックは、耐熱性や耐久性、そして成形の難しさなどが指摘されていたが、これらの課題を、生分解性プラスチック成形の第一人者である小松技術士事務所の特許技術を活用することにより克服し、大量生産が可能となった。本製品は、まず食器や容器、日用品、建築資材、自動車内装材等での用途を見込んでいると言う。

 

PAPLUS®の特徴

  • 使い捨て石油由来プラスチック製品の代替品としてだけでなく、リユース用製品にも耐えうる十分な強度
  • 電子レンジや食洗器対応の耐熱性(約120℃)付加が可能 *プレミアムグレードの場合
  • カーボンニュートラル(CO2排出量対PP比75%減)*同社調べ
  • 食品衛生法(厚生省告示第370号)準拠 *プレミアムグレードの場合
  • 最終廃棄時、粉砕することにより、リサイクルが可能。もしくは、堆肥化設備(コンポスト)中で微生物の働きにより水と二酸化炭素に分解される(空気中では分解しまない)。

本年10月には、バイオプラスチック製品への代替需要の大きい欧州で開催された世界最大規模のプラスチック見本市K2019(於:ドイツ・デュッセルドルフ)にて、PAPLUS®の成形品を展示し、好評を得た。現在までに、欧州系化粧品メーカー、日用品メーカー向け等に試作品を製作しており、来年前半には商品化を予定している。