1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. アジア
  4. ダイヤモンドダイニング、ASEAN出店ノウハウ取得へ 現地法人子会社化 

ダイヤモンドダイニング、ASEAN出店ノウハウ取得へ現地法人子会社化

  • feedy

飲食店経営の(株)ダイヤモンドダイニング(東証2部 本社:東京都港区 代表取締役社長 松村厚久)は、連結子会社のDiamond Dining Singapore Pte. Ltd.を通じて、マカオ法人のDiamond Dining Macau Limited が、平成27年7月15日付けで第三者割当増資により発行する株式を引受け、連結子会社化すると発表した。

ダイヤモンドダイニンググループは、飲食事業及びアミューズメント事業を主力事業とし、国内外において260店舗を直営にて展開している。

世界的にカジノホテルを展開するサンズ・グループもマカオでカジノホテルを営業しており、Diamond Dining Macau Limitedは、このカジノホテルの一角に鉄板焼業態の飲食店を年内に新規出店することを予定している。

今回の新規出店は、(株)一やがWong Lock Chee氏とともに実施する予定であったが、①ASEAN展開で不可欠な合弁会社方式による出店・レストラン経営ノウハウの取得、 ②カジノホテル内でのレストラン経営ノウハウ及び鉄板焼業態のノウハウの取得、③サンズ・グループとのコネクションの獲得を目的として、ダイヤモンドダイニンググループも参画して本件第三者割当増資の引受をするもの。