• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

美容・健康

7

パイプドビッツ、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージを提供開始

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社パイプドビッツ(所在地:東京都港区、代表取締役社長CEO:林哲也)は、株式会社メディコム(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:藤本成司)とトライベック・ストラテジー株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤洋)の2社と共同で、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」を開発し、本日2018年2月22日より提供開始した事を発表した。
BtoD(Business to Doctor)
URL:http://btod.jp/

開発背景

製薬業界で日々新薬が開発される中で、医師や薬剤師は、医薬品の効能や副作用、用法や用量などを正しく理解する必要がある。従来、製薬企業では医薬情報担当者(MR)が新薬を含む医薬品に関する情報を医療機関に訪問し医師に伝達しているが、2012年4月、MRと医師との癒着防止を目的に「医療用医薬品製造販売業公正競争規約」が改定され、医師への接待規制や医療機関のセキュリティ等の理由により、MRの訪問規制を強化する病院も増え、MRの働き方は大きく変化した。

医師はMRと会う時間を減らし、好きな時間に製薬会社のホームページを活用して情報収集を自分で行う方向へと移行してきており、デジタルコミュニケーションを積極的に活用した情報伝達が求められる時代となっている。

近年では製薬企業でも、MRと医師との有効な接触づくりを実現し、MRの訪問活動を支援する目的でマーケティングオートメーション(MA)への注目がされてきているが、企業がMAを導入しようとすると年間数千万円から1億円の予算を見込む必要があり、中小規模の製薬企業での導入は難しいと考えられている。

「BtoD」について

製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」は、医療業界における経験、ネットワーク、知識や技術に長けている株式会社メディコムと、オウンドメディア群のデータ解析や顧客情報を軸にデジタルマーケティング施策全体の最適化を図るマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management®」を提供するトライベック・ストラテジー株式会社の協力のもと、製薬企業のオウンドメディアを最適化し、処方確度の高い医師を抽出して、効果的なMR訪問支援を実現する。製薬企業向けに最適化、パッケージ化されたクラウドサービスであるため、中小規模の製薬企業も素早く安価に導入できる。

(1) 特長

製薬企業のホームページで情報収集を行う医師の閲覧履歴や行動履歴を基に、リードナーチャリングを行い医師の処方意欲を高め、蓄積したデータを活用することでMRが最適なタイミングで医師の必要とする情報提供を実現し、効率的で効果的なMR訪問を支援する。

(2) 導入メリット

「BtoD」は製薬企業向けに最適化され、パッケージ化したシステムのため、年間約4百万円から短期間で導入できます。また、専門スタッフがシナリオ設計をはじめとする導入支援からオウンドメディアの改善、分析レポート作成や運用サポートまでを行うため、導入企業の担当者の負担を抑えながらMAの精度を高め、効果を上げることが期待できる。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy