• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

美容・健康

6

ハカルス、データサイエンティスト育成で実績を持つデータミックスと提携

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

スパースモデリング技術を応用したAIソリューションの開発を手掛ける株式会社ハカルス(本社:京都市中京区、代表取締役:藤原 健真)は、株式会社データミックス(本社:東京都千代田区、代表取締役:堅田 洋資)と提携し、機械学習やAI開発に関心を寄せるエンジニアに向けた独自のデータサイエンティスト育成プログラムの共同開発をしたことを発表した。

ハカルスは、ヘルスケア分野のAIベンチャーとして2014年に創業して以来、少量データからの特徴抽出に優れるスパースモデリング技術を機械学習に応用した独自のAI開発を行っている。

本育成プログラムは、これまでに300名以上のデータサイエンティストの育成実績を持つデータミックスが有するデータサイエンティスト育成研修と、ハカルスの持つ経験豊富なデータサイエンティストをメンターとした実務研修を組み合わせ、効果的、かつ最速でデータサイエンスに精通したプロフェッショナル人材の育成を目的としたプログラムである。

今回、本育成プログラムの第1期を2019年1月19日より開始した。

ハカルスでは、インターン採用を実施し、チームメンター制での人材育成、業務遂行に取り組んでおり、今後は、本育成プログラムを軸に国内の機械学習やAI開発に関心があるエンジニア層に対し、OFF-JT形式の研修とOJT形式の研修を組み合わせた、独自の研修プログラムの充実化を図り、人材育成の強化を行っていく。