• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

美容・健康

14

核酸医薬品研究開発のVeritas In Silico、総額約8億円の資金調達を実施

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

核酸医薬品の研究開発を行っている株式会社Veritas In Silico(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村慎吾)は、シリーズB投資ラウンドとしてNew Life Science1号投資事業有限責任組合、三菱UFJライフサイエンス1号投資事業有限責任組合、みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合、三菱ガス化学株式会社および名古屋大学・東海地区大学広域ベンチャー1号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資により、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表した。

VISはシリーズA期間中、独自の核酸構造解析技術により、核酸を標的とした中分子医薬品のパイプライン創出(中分子創薬事業)を目指してきた。

今回のシリーズBの資金調達により、中分子創薬事業を引き続き推進するとともに、同解析技術に基づいたもう一つの創薬事業として、核酸を標的とした低分子医薬品創出プラットフォームによる創薬(低分子創薬事業)にも注力していく。

低分子創薬事業については、すでに昨年度より国内製薬会社と共同研究を開始しており、今後も複数のパートナー製薬企業と共同研究を通じて低分子医薬品を創出し、社会に貢献していく。