• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

美容・健康

富士フイルム、2億円を再生医療ベンチャーのJUNTEN BIOに出資

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

富士フイルム株式会社(本社:東京都港区、社長:助野健児)は、免疫寛容を誘導する再生医療製品の実用化を目指す再生医療ベンチャーの株式会社JUNTEN BIO(本社:東京都中央区、代表者:河南雅成)の第三者割当増資を引き受ける契約を締結し、2億円を出資したことを発表した。

Juntenは、順天堂大学発の再生医療ベンチャーで、免疫抑制剤の使用低減に向けて、ドナー由来の臓器への免疫寛容を誘導する細胞を用いた再生医療製品の実用化に取り組んでいる。

今回の出資により、免疫寛容を誘導する再生医療製品に関する技術・ノウハウへアクセスし、自社再生医療製品の研究開発への応用を検討していき、Juntenが開発中の再生医療製品に関する薬事コンサルティングをJ-TECにて受託することで、再生医療受託事業をさらに拡大させていく。

富士フイルムは、幅広い製品開発で培い、さらに進化させてきた高機能素材技術やエンジニアリング技術と、J-TECの治療用細胞の生産技術、FCDIのiPS細胞関連技術・ノウハウ、富士フイルム和光純薬やFUJIFILM Irvine Scientific, Inc.の培地技術などを活用して、事業拡大を図るとともに、再生医療の産業化に貢献していく。