• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

VR

4

VRコンテンツのプラットフォームを提供のナーブがRICOHと業務提携

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

VR(バーチャルリアリティ)コンテンツのプラットフォームを提供するナーブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:多田英起)は、株式会社リコー(社長執行役員:山下良則)と業務提携した事を発表した。

ナーブは、全天球カメラ「RICOH THETA」を使ったVRサービスを提供しており、同提携により、リコーはナーブのVR技術を活用することが可能となる。

ナーブ「CREWL(クルール)」について
ナーブが開発した「CREWL(クルール)」は、手で持って覗くタイプのVR端末となる。顔との接地面を極力少なくしたことで、衛生上の忌避感を無くし、ハンディタイプであることから自身のタイミングでいつでも閲覧を止めることができ、適度な没入感を提供するとともに、いわゆる「VR酔い」の防止にもつながる。VRゴーグルとして使用しない場合は小型のデジタルサイネージとして利用することができる。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy