• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

VR

3

VR会議システム等提供のSynamon、KDDI Open Innovation Fund3号などから資金調達を実施

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

VR/AR/MR領域に対するプロダクトの企画・開発を手掛ける株式会社Synamon(本社:東京都品川区、代表取締役:武樋恒)は、KDDI株式会社設立の「KDDI Open Innovation Fund 3号」(運営者:グローバル・ブレイン株式会社)、三井不動産株式会社設立のCVCファンド「31VENTURES Global Innovation Fund 1号」(運営者:グローバル・ブレイン株式会社)、三井住友海上キャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、個人投資家を引受先に第三者割当増資と、金融機関からの融資により約2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表した。

「NEUTRANS BIZ」は、VR技術の活用によってリアルを超える対話を生み出すビジネス向けのVRコラボレーションサービスである。

VR空間を複数人で共有するという新たな体験が人々の創造性を刺激し、ブレストやディスカッションといった現代のビジネスシーンに必要不可欠なインタラクティブなコミュニケーションを活性化する。また、これまでクローズドベータ版として提供を行ってきた「NEUTRANS BIZ」の大型アップデートを行い、2019年4月に正式版としてリリース、新しいライセンス形式にて提供開始する。

今回の資金調達と並行し、KDDI株式会社とSynamon提供プロダクト「NEUTRANS BIZ」の拡販を目的に、商品ラインナップとしての取り扱いによる法人顧客開拓サポート、および5G×VRの先進事例創出に向けての協業を実施する。

また、三井不動産株式会社が運営するコワーキングスペース、「31VENTURES Clipニホンバシ」および「31VENTURES KOIL」に「NEUTRANS BIZ」の導入を開始する。