• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

VR

医療分野に特化したVR事業展開のHoloEyes、総額約2.5億円の資金調達を実施

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

医療分野に特化したVR事業を展開しているHoloEyes株式会社(本社:東京都港区、代表:谷口直嗣)は、SBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島克哉)、三菱UFJキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:半田宗樹)、みずほキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齊藤肇)、それぞれが運用するファンドを引受先とした第三者割当増資を実施し、総額約2億5000万円の資金調達を実施したことを発表した。

HoloEyesは、 患者のCTスキャンデータやMRIデータから3次元のVirtual Reality(VR)やMixed Reality(MR)のアプリケーションを生成し、 医療分野におけるコミュニケーションを革新するクラウドサービス「HoloEyesXRサービス」を展開している。

今回の増資により、HoloEyesXRサービスの医療機器対応を中心とするシステムや事業基盤の拡張ならびに人員の拡充、また新たな時代における知識や手技の優れた継承方法としての可能性が感じられるVR教育配信サービスの開発を行っていく。