• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

VR

VRクラウドソフト運営のスペースリー、総額4億円の資金調達を実施

  • feedy

VRのクラウドソフト「スペースリー」を運営する株式会社スペースリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森田博和)は、DNX Ventures、Archetype Ventures、DBJキャピタル株式会社を引受先とする総額4億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

360度VRコンテンツを直感的な操作で制作できるスペースリーは、2016年11月のサービス開始以降、使いやすさ、VRコンテンツの品質、リーズナブルな価格が支持され、利用事業者アカウント数は2000を超え、中でも営業マーケティング目的で利用される不動産分野においては継続率98.5%となっている。

今回調達した資金によって、蓄積した行動データや360度VRデータを活用した研究開発を強化し、スペースリーをさらに便利で効果を実感できるプロダクトへと進化させていき、新たに広がりつつVR研修分野の拡大を加速していく。

引き続き、より多くの利用事業者が効果を実感できる360度VRのクラウドソフトウェアとして、さらなるサービス強化を図り、360度VRが日々の当たり前となることを目指していく。