• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

VR

VRライブプラットフォーム「VARK」を運営する株式会社ActEvolve シリーズAの資金調達を実施、新機軸のVRライブ展開へ

  • 0
  • feedy

VRライブプラットフォーム「VARK」を運営する株式会社ActEvolve(本社:東京都中央区 代表取締役:加藤卓也、以下ActEvolve)は、シリーズAとしてgumi ventures 3号投資事業有限責任組合、gumi X Reality、KLab株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、その他非公開株主を引受先とした第三者割当増資による約2億円の資金調達を実施した。

「VARK」について

6/29開催「Kaede Higuchi VR Live “ReStart Line”」より

「VARK」はバーチャルアーティストのパフォーマンスをあたかも自分がライブ会場にいるかのように体感できるサービスである。「バーチャルアーティストが目の前に来て歌ってくれる」、「観客がアクションでライブを盛り上げることができる」など、現実のライブでは困難な多種多様な演出で「VRならではのライブ体験」を存分に味わうことができる。
「VARK」にはVRとウェブ視聴、2種類の利用方法がある。VRで参加するにはOculus GoまたはOculus Questが必要だ。自分がライブ会場にいるかのような臨場感のある体験が可能。VRデバイスをお持ちでない方も、ニコニコ生放送で同時配信に参加が可能である。ニコニコ生放送用のカメラワークにより、VRで参加するのとは一味違った体験もできる。

今回の資金調達について

今まで「VARK」で行われるライブはバーチャルユーチューバーによるものが主だったが、今後はそれだけではなくアニメ・漫画等の有名キャラクターやバーチャルではないアーティストのライブイベントも実施して行く予定。今回調達した資金はそのための機能開発、コンテンツ制作、人材獲得に利用。
また、PSVRをはじめとする新規プラットフォームへの対応も進めていくと言う。