1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. VR・バーチャルリアリティ
  4. YouTube VRで賃貸物件を紹介している事例5選【PR・効率化・追客にメリット】

YouTubeVRで賃貸物件を紹介している事例5選【PR・効率化・追客にメリット】

  • feedy

この記事はLipronextからの転載です。

皆さん賃貸物件を探す時にどうやって探すでしょうか?
多くの方は不動産会社に直接行くかスマートフォンで探すと思いますが、最近はYouTube VRに賃貸物件を掲載している企業が増えてきているんです。

今回は、賃貸会社の方向けにYouTube VRに物件を紹介するメリットと、実際に活用している企業の事例を紹介したいと思います。

YouTube VRとは?

世界最大の動画共有サービスのYouTube上で体験できる、360度動画やVR動画のことを指します。対応動画を視聴する際に画面を動かすことやスマートフォンをVRゴーグルにはめてVR体験を行うことが可能です。

▼視聴する際は画面の向きを変えると360度の動画になっていることがわかります▼

https://youtu.be/AKvzkAy8ymM

■YouTube VRについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

YouTube VRのメリット・デメリット【VRで動画広告が体験に変わる】

賃貸会社がYouTube VRを導入するメリット3つ

ここからは賃貸会社がYouTube VRを導入するメリットを3つ紹介していきます。

1.集客に活用できる

賃貸物件を探す時にほとんどの方はスマートフォンやパソコンで探してから賃貸会社に行くと思います。YouTube VRで物件情報が確認できることで、部屋の雰囲気がわかるので集客にも良い影響が期待できます。

2.業務効率化

賃貸会社の繁忙期は2月~4月頃だと思いますが、だからと言ってせっかくのお客様のサポートができない状況は避けたいです。

時間が特にかかるのは物件紹介で実際に内覧に行くことなので、行ってみて「思っていたのと違った」という無駄がないように事前に打ち合わせをしながらYouTube VRで物件をご確認いただくことが可能です。

1人1物件紹介する時間が減るだけでも1日で2,3時間効率化できると考えると働き方改革のことを考えても大きな効果を発揮しそうですね。

3.来店が難しいお客様に向けて

一度来店してくれた見込みのお客様や進学や就職などで遠方で物件を探すお客様に向けてもYouTube VRは活用することができます。

必要なアプリがYouTubeだけなので、新しい物件が出たらお客様にURLを一つ送るだけですぐにご覧いただけます。

来店が難しいお客様に向けて効果的なアプローチが可能です。

YouTube VRで賃貸物件を紹介している事例5選

1.徳島の賃貸ハウスマイル

YouTubeで「VR 賃貸」と調べるとかなりの確率でヒットするのが徳島県にある賃貸ハウスマイルです。VRで紹介している物件数が多いことにくわえて、観光をVRで紹介するとかとてもVRに力を入れている会社だと伺えます。

数年前から継続して物件をアップしていることからも、VRの効果が出ていると思われます。

2.株式会社スペーシング


仙台市にある株式会社スペーシングのYouTube VRの紹介です。

こちらの物件紹介動画の特徴は、各お部屋を360度写真で撮影をして、約25秒毎に切り替えて紹介しています。

360度画像を追加するだけだと、ユーザーが飽きてしまう可能性がありますが、こちらの動画ではアニメーションで各お部屋の紹介を入れているので切り替わる時の楽しみも感じることができます。

3.戸建賃貸住宅 casita(カシータ)|VR動画

東京都内にあるカーサ・プロジェクトのYouTube VRの紹介です。

先程のスペーシングとは違って、動きが多いVR動画なのが特徴的です。360度カメラを持って撮影しており、さらにお部屋には実際に生活しているかのような人が映っています。

実際に生活空間が想像できるような動きのある動画も雰囲気が伝わってきて良いですね。

4.株式会社ROOKIE

https://youtu.be/lQ7f_OGcSg0

大阪市にある株式会社ROOKIEのYouTube VRの紹介です。

こちらのVR動画の特徴は、なんと言っても可愛さ溢れるフォントです。

賃貸物件で何も変化がないと飽きてしまう人もいるかもしれませんが、こちらのYouTube VRは、動きがすごいので、動画もあっという間に終わるのではないでしょうか。

5.不動産テイクカンパニー

宮崎県にある不動産会社テイクカンパニーのYouTube VRです。

360度画像を組み合わせた動画ですが、部屋内のドアが閉まっている場合と空いている場合の2パターンの撮影をしている工夫があり、とても見やすいです。

水回りなども細かく撮影しているので、これだけ情報がわかれば賃貸物件の紹介としては、充分な情報だと思います。

賃貸物件をYouTube VRで紹介するメリットは大きい

YouTube VRに賃貸物件の情報を掲載している事例を紹介しましたがいかがだったでしょうか。

最近は、手頃に使うことができる360度カメラも増えてきて、YouTubeも活用すればVRを導入するハードルがかなり下がってきたように感じます。

ただ、ご覧いただいて感じた方も多いかもしれませんが、課題は「画質」です。

カメラの性能が良くなったとは言え、編集なしで公開するにはまだまだ画質が低くなってしまう場合があり、消費者の方のストレスになってしまう可能性があります。

この辺りが360度カメラ/編集ソフト/アップロード先の改善などでYouTube VRがどんどん普及していけば嬉しいですね。

予算を抑えながら賃貸物件をVR動画で紹介したい方はご相談ご相談ください。

リプロネクストでは、賃貸物件用に品質を保ちながら予算を抑えたVR物件の動画制作が可能です。

おすすめの360度カメラとプロ直伝の撮影方法をレクチャーさせていただき、撮影素材をメールでお送りいただくだけで、御社のYouTubeアカウントにアップできます。

360度カメラは、スマートフォンやデジカメで物件を撮影するくらい簡単に撮影できますので、「使いこなせるかできるか不安」という方もご安心ください。