• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

16

ブロックチェーンベンチャーのIndieSquare、複数ブロックチェーン対応DAppsブラウジング機能提供開始

  • 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 3
  • feedy

ブロックチェーンを使った独自トークンの発行及び、アプリケーション連携用のAPI/SDKsの提供を行っている株式会社IndieSquare(所在地:東京都中央区、代表取締役:星野 裕太)は、提供中の暗号通貨ウォレット「IndieSquare Wallet」をアップデートし、世界初となる複数ブロックチェーン対応のDAppsブラウジング機能を搭載したことを発表した。

DAppsについて
分散型アプリケーション(Decentralized Applications)の略で、狭義にはオープンソースであり、中央管理者が存在せず、ビットコイン、イーサリウムに代表されるパブリックなブロックチェーンを利用しているアプリケーションを指す。IndieSquare Walletでは、それらブロックチェーンの基軸暗号通貨及び独自トークンを利用したアプリケーション全般を広義のDAppsとしている。既にゲームなど一部のDAppsは人気を博し、希少性を持つデジタルアイテム等これまでに無いブロックチェーンならではのユースケースを提供しているものも出てきている。

DAppsブラウジング機能について
これまでDAppsは、それぞれアプリケーション毎にウォレットの機能を搭載していたが、その安全性はそれぞれの開発者の力量に左右され、時には大規模なハッキング被害に遭うリスクにもさらされてきた。DAppsブラウジング機能では、ウォレット開発を専門に行う事業者のノウハウのもとサーバに顧客の資産にアクセスするための秘密鍵を配置せずに、暗号化した上で安全にクライアント側に保管し、そこへアプリケーションからアクセスする手段を提供する。これによりDApps開発者は秘密鍵を管理する必要が無くアプリケーションの開発に集中でき、利用者もアプリケーション毎にウォレットを切り替える煩わしさから開放され、安全にDAppsを利用することが可能となる。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。
投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。
なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。
つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

  • 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 3
  • feedy