• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

13

仮想通貨『Centrality(セントラリティ) トークン名:CENNZ(センズ)』のICOが6分で完売!

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

1月15日12時(日本時間)に行われた『Centrality(セントラリティ)』のICOが、僅か6分で完売となり締め切られた。 ICOは1月15日12時(日本時間)開始予定だったものの、予想を遥かに上回るアクセスによりサーバーがダウンし、サーバーの増強が行われて12時45分に改めて開始された。しかしその後もアクセス過多が続き、実際に購入できたのは13時30分前後からの6分間ほどだったと思われる。

100億円以上集めた超大型ICO

セントラリティは既に昨年の後半からプレセールを実施しており、既に40,000 ETH(現在の時価で約68億円)を調達済みだったが、今回のICOでさらに100,570,000ドル(約113億円)を調達したものとみられる。(ICOの調達上限額が100,570,000ドルであったため、満額に達したと推定)
実に、合計で200億円近くに達する超大型資金調達となった。

セントラリティの資金調達は以上で終了となり、ここからは製品開発に励み、CENNZ(センズ:セントラリティのトークン名前)は取引所に上場されていくことになる。

セントラリティの概要

セントラリティとは、アプリケーションを作るためのプラットフォームを目指すプロジェクトだ。そのアプリケーションとは従来のスマホアプリではなくいわゆるDAPPS(分散型アプリケーション)のことで、つまり仮想通貨或いはブロックチェーンアプリと表現することができる。

セントラリティのプラットフォーム上に接続されたアプリは、CENNZ(センズ)というトークンを用いて使うことができ、ユーザーは一つのアプリに登録したら自動的にセントラリティ上の全てのアプリに繋がることができる。そのため、セントラリティという名前はまさに「中心」という意味ではないかと筆者は推測する。

そういうわけで、セントラリティは、一部のIT企業によるインターネットサービスの独占ではなく、セントラリティプラットフォーム上で無数のアプリが開発・運営され、それらをユーザーがシームレスに使える世界を目指すプロジェクトだ。
セントラリティの公式サイト
https://www.centrality.ai/

執筆者
ベンチャータイムス仮想通貨局編集長
ルンドクヴィスト ダン

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy