• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

注目ベンチャー

75

自社開発のUI/UX解析ツールを世界のスタンダードに。その実現に向かってチャレンジしていきたい / 注目ベンチャーインタビュー インタビュー前編

株式会社 UNCOVER TRUTH CEO 石川敬三

  • 0
  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

「Web改善のパートナー」として、企業のデジタルマーケティングにおける成果向上を目指すUNCOVER TRUTH。自社で開発したUI/UX解析ツール「USERDIVE」(ユーザーダイブ)の利便性が評価され、設立からわずか4年ながら、300社以上もの大手企業で改善実績を挙げています。ターゲットとするのは国内だけではありません。将来的には世界戦略も思い描いています。同社の事業概要、強み、今後の成長ビジョンをCEOの石川敬三氏に聞きました。

Webサイトにおけるユーザーのデータを分析し、収益向上への改善施策を提案

――創業の経緯を聞かせてください。

僕自身、インターネットというインフラが大好きです。ただ、利用用途という点では95%以上が調べることが目的になっています。でも、検索して辿りついたサイト自体が使いづらかったり、不便であったりすると、ユーザーは離脱してしまいます。これが、疑問であり、不満でした。だったら、サイト自体を僕らが変えていけば、インターネット全体が良くなるのでは考え、2013年4月にこの会社を立ち上げました。

――事業の概要を説明していただけますか。

僕たちはお客様のWebサイトを改善し、成果を最大化する事業を展開しています。具体的には、WebサイトのユーザビリティやCVR(コンバージョンレート)を向上させる分析ツールを提供するとともにコンサルティングを行っています。メーカーでありながらサービサーでもある。そうした独自の立ち位置にいるのが、僕らの特徴でもあり強みといえます。

実際に僕らが提供しているのは、WebサイトのUI/UX解析ツール「USERDIVE」です。その特徴は、ヒートマップや動画を活用してユーザーのあらゆる行動を可視化し、強力な分析ができるなど、サイトのパフォーマンスを改善する豊富な機能が盛り込まれていることです。他にも、ネイティブアプリのUI/UX解析ツール「USERDIVE for Apps」も提供しています。一方、コンサルティング・フェーズでは、それらのツールが取得した膨大なデータに基づいて、Webサイト改善に向けたPDCAサイクルの運用支援を行い、収益アップを図っています。コンサルタント部隊は当初は数名体制でしたが、2015年1月に日本No.1のWebアナリストである小川卓がジョインしてから、体制が一気に強化されました。

――貴社の強みはどこにあるのでしょうか。

二点あります。第一には半分はメーカー、ツール提供者であるということです。だから、データの中味をしっかりと理解できています。しかも、自分たちでツールを使って分析をしているので、「こういう機能があればもっと結果を出せるようになる」といったアイデアを反映させていけます。自ずと、ヒット率の高いしっかりとした分析が実現できます。

もう一点は、ほとんどの企業がWeb解析をまだ自力でやるに至っていないということです。
僕らのクライアントの多くも、ツールに触れてはいるものの分析や改善はできていません。
自ずと、僕たちの存在感が生まれてくるわけです。

 

インタビュー後編では、UNCOVER TRUTH 石川代表の今後の展望に迫ります、お楽しみに。

 

インタビュアー:袖山 俊夫, 株式会社トラフィックラボ代表取締役 清水彰人

  • 0
  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy