• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

アジア

12

シゴト交流サイト「Wantedly」がシンガポールで正式にサービス提供開始、海外展開を見据えiOS アプリ「Wantedly Visit」の英語版をリリース

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

シゴト交流サイト「Wantedly」を運営するウォンテッドリー株式会社(本社所在地:東京都港区 代表取締役:仲 暁)は、2017年3月2日(木)より、初の海外進出として正式にシンガポールでのサービス提供を開始し、今後の展開も見据え、企業訪問サービス「Wantedly Visit」の英語版iOS アプリを同日にリリースすることを発表した。

ウォンテッドリーは日本発のビジネスSNS として、2012 年2 月にシゴト交流サイト「Wantedly」を公式リリースし、国内では5 年あまりで利用企業社数2 万社、月間利用ユーザー数150 万人が利用するサービスに成長している。
日本での実績を受け、ウォンテッドリーはアジアでの展開を2014 年より意識し、現地調査を開始してきた中で、アジアの中でも大きな経済力を持つシンガポールに注目し、2016年9月より一部の企業に対しサービスのα版を提供したところ、実際に採用にいたるケースもあったことから、2016年11月に子会社を設立した。

「Wantedly Visit」の英語版について
シゴト交流サイト「Wantedly」は月間150 万人が利用しており、そのうち半数がスマートフォンからサービスを利用している。
2014 年に「Wantedly」のアプリをリリースし、昨年11月にリブランディングを行なった際にアプリの名前を「Wantedly Visit」に改名をした。
今回、シンガポールでの正式なサービス提供開始に合わせ、海外ユーザー向けに「Wantedly Visit」iOSアプリの英語版をリリースする。
英語版のアプリでは国ごとに募集を検索することができ、アプリを利用する国で最も利用されるソーシャルグラフに比重を最適化している。

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article