• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

9

駅すぱあとを運営のヴァル研究所、バスロケーションサービス「SkyBrain」提供開始

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区 代表取締役:太田信夫)は4月26日、バスの利便性向上・利用促進のため、安価な通信費用で「あらゆる場所へのバス情報の配信」や「任意の地図へのマッピング」ができる、バス事業者向けのバスロケーションサービス「SkyBrain(スカイブレイン)」の提供を開始した。

バスロケーションサービスとは、無線通信やGPSなどを活用してバスの位置情報を収集し、バス停の表示板やパソコン、スマートフォンなどに情報を配信するバスロケーションシステムを用いたサービスを指し、交通渋滞や悪天候で定時運行ができていない際、バス事業者やバス利用者にリアルタイムでバスの現在位置や到着予定時刻を提供でき、「バスが今どこを走っているのか知りたい」などのニーズに対応している。
既存のバスロケーションシステム/サービスでは、マップ・路線図上のバスの現在位置の表示がずれたり、バスの到着予定時刻の精度が悪くなったりするなどの課題があり、通信費用や端末・機器費用などを含めると高価になり、バス事業者が価格面で導入を断念するケースもある。

ヴァル研究所は独自の位置情報補正技術をもとに、高精度なバスの現在位置の取得・表示を実現し、安価な通信費用で位置情報の送信・集積・活用をパッケージ化したバスロケーションサービス「SkyBrain」を開発した。
今回のサービスは4月26日より正式に提供が開始となる。

株式会社ヴァル研究所について

ヴァル研究所は、1988年にMS-DOS版の経路検索システム「駅すぱあと」を発売して以降、全国の公共交通機関データと高い信頼性をベースにさまざまな法人向け、個人向け製品・サービスを展開している。
主力となる法人向けでは、通勤費管理/申請システムやビジネス・サポートサービス「RODEM」などを提供しており、12万社以上を顧客に持ちます。また、近年は「駅すぱあと」の膨大なデータや機能をAPIとして提供し、企業・団体との共創・コラボレーションに取り組んでいる。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy