• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

UASF(User Activated Soft-Fork)とは?|仮想通貨用語集

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

隔離署名の規格を有効化させるUASF(User Activated Soft-Fork)

UASFとはビットコインなどの仮想通貨を採掘するマイナーの大多数の支持を得なくても、発生させることができるブロックチェーンの分岐(ソフトフォーク)を意味している。
UASFは現状では、隔離署名の規格を有効化させることを目的に規格されたBIP148を指している。

かつて主流だったBIP9 によると、最新のブロックから遡って過去の2016ブロックのうち95%以上について、マイナーがソフトフォークに賛成すると分岐が行われた。ですが、BIP 148のUASFにおいては、2017年8月1日から2017年11月15日の間は署名を採用しないブロックは拒否するように指示が出される。

UASFが意図するところは、BIP148を実装したクライアントを利用するユーザが多数派となった場合に、設定した期間において、多数のユーザによって採掘報酬を含むブロックが拒否されないように導くことで、マイナーも署名を採用するように移行をさせようとする狙いがある。

署名を重視することで不正な取引や不正を行おうとするユーザーをはじき、仮想通貨の信頼性を高め、取引の連鎖であるブロックチェーンの正確性や正当性も担保できるようになる。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy