• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

10

仮想通貨マイニング企業のビットフューリーが約90億円を調達、日本の電通も参加

  • 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ビットコインマイニング企業のビットフューリーは、最新の資金調達ラウンドで8000万ドル(約90億円)を調達したことを発表した。
今回の私募による資金調達には、日本の電通やマイク・ノボグラッツ氏が率いるギャラクシー・デジタルなどが参加した。

コインテレグラフによると、今回の私募による資金調達は欧州に拠点を置くベンチャーキャピタルのコレリア・キャピタルが主幹事となった。

コレリアは韓国の大手デジタル企業のNavarが支援しているVCである(2016年、Navarは子会社のLINEと共同でコレリアの投資ファンドに計1億ユーロ出資している)。

資金調達に参加した企業の中には、電通やギャラクシー・デジタルのほか、アジアの投資会社マッコーリーキャピタル、欧州の投資会社のアーマット・グループといった企業が名を連ねている。

ビットフューリーのジョージ・キクバデーズ副会長は、次のように今回の資金調達の意義を強調した。

「今回の私募の資金調達によって、当社のコーポ―レート・ガバナンスは次の段階に移行するとともに、財務戦略上の選択が広がる。さらに市場が成熟する中で当社が次の成長局面を迎えるための理想的な態勢が整うことになる」

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。
投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。
なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。
つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

  • 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy