• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

5

Coinbaseがリップル(XRP)、EOS、カルダノ(ADA)などのトークンを追加の可能性

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

米国を拠点とする主要な暗号交換Coinbaseは、30以上の暗号化通貨に対して取引サポートを提供する可能性を「探求」している。
12月7日(金)に発表されたプレスリリースによると、リップル(XRP)、EOS、カルダノ(ADA)などのトークンが追加される可能性がある。

同社は、前述の3つの通貨をはじめ、NEO、Tezos(XTZ)など、31の仮想通貨のリストを明らかにした。


Coinbaseは、「地元の銀行や規制当局と協力して、できるだけ多くの領域にそれらを追加する」と述べている。

Coinbaseは、リストに潜在的に存在するcryptocurrencyは最終的に追加されることを保証するものではないと付け加えた。
評価が完了した後に、コインがいくつかの制限に直面するか、全くリストされない可能性があるためである。

新しい仮想通貨を追加するには、技術的な側面とコンプライアンスの観点から重要な探索的な作業が必要であり、我々が評価しているすべての資産が最終的に取引のためにリストアップされることを保証することはできない。
さらに、当社の上場プロセスにより、これらの仮想通貨の一部は、顧客が売買するためだけの用途になり、ウォレットを使用して送受信することができない可能性がある。

参照元:COINTELEGRAPH

記事執筆:塚田愼一

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。
投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。
なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。
つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy