• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

注目ベンチャー

5

寿司・和食の新しいビジネスモデルに挑戦 水産仲卸や冠婚葬祭関連への進出も視野に / 注目ベンチャーインタビュー インタビュー後編

株式会社音羽 代表取締役社長 田舞登志徳

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
田舞登志徳-音羽-otoha_toshinori_tamai

音羽が取り組んでいる経営戦略のもう一つの柱が、寿司・和食の新しいビジネスモデルへのチャレンジ。

これまでも寿司店や和食店の新業態を意欲的に出店してきた。出前専門業態による寿司や会席料理、幕の内弁当などのケータリング事業を手がけてきたほか、タッチパネルで注文すると、寿司がレーンで運ばれてくる回転寿司の進化形「流れ鮨」では、関西トップのポジションを獲得している。2006年には、大阪府箕面市の国定公園「明治の森」に和風旅館「音羽山荘」も開設。「宿泊もでき、ブライダルにも利用できるという、新型の日本料理店を作ってみたかったんです」と、同社の田舞登志徳社長は説明する。そうしたチャレンジには、ほかにも狙いがある。

「寿司・和食のイメージをアップさせたいんですね。例えば、寿司・和食の料理人は、昔は志望者が多かったんですが、今はイタリアンシェフやパティシエなどの勢いに押されて、人気が低迷しています。寿司・和食はどうしても地味ですからね。若い人たちにはなかなか振り向いてもらえない。そこで、寿司や和食には、トレンドを取り入れた、スタイリッシュな華やかさも必要だと考えたんです」
田舞社長は今後、外食産業が勝ち残るためには、「地域に密着し、その商圏の生活の中に根づくこと」がカギだと見ている。

「冠婚葬祭やハレの日を考えてみてください。席で供されるのはアッパーゾーンの食事でしょう。寿司や高級な和食は適しているわけですね。『ハレの日と言えば寿司。近畿で寿司店と言えば音羽』といった具合に、ブランディングによって、そうした需要を確実に捕らえるようにしたいですね」

田舞登志徳-音羽-otoha_toshinori_tamai

経営基盤を固めるため、コア事業の強化に専念

「新しいことをしたいと私が言っても、経営会議でほかの役員や幹部からブレーキをかけられ、なかなか思うようには行きません」と、田舞社長は笑う。しかし、経営戦略の次のフェーズとしては、新規事業に打って出ることも視野に入れている。「経営の意義を見出せたら、海外に進出する可能性もありますね」。その際、有力な武器となると、田舞社長がにらんでいるのがM&Aだ。

「水産仲卸をM&Aで垂直統合して、食材の調達力を高めるというのも一つの手だと考えています。寿司店や和食店が質で差別化するなら、ネタの勝負になりますからね。それから、冠婚葬祭関連といった寿司店や和食店の周辺領域も、M&Aの有力候補になるでしょう。ただし、飲食業を水平統合する可能性は限定的でしょう。フレンチレストランといったほかの領域は対象外だし、寿司店や和食店のチェーン店も当社の経営規模では体力的に難しい。例えば、個人で経営していた寿司店が廃業した場合、それを継承するケースは考えられますが」

田舞社長は、「経営には遊び心が必要」というのが持論だ。「ビジネスライクな損得勘定ばかりでは、働いていてもつまらないでしょう。クリエイティブな発想も生まれませんよ」と言い切る。そうした田舞社長の姿勢は、音羽の社風にも現れているようだ。ひと言で表すなら、「夢のある寿司店」と言えようか。次にどんな新しい試みにチャレンジするのか、期待を抱かせるのが音羽という企業なのだろう。

インタビュアー

KSG

ヴァイスプレジデント

後藤 哲侍

前編はこちら >> 寿司と和食に特化、本格志向で近畿に展開 料理人の育成に注力、独立も積極的に支援

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy