• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

熱中の肖像

2020年度までに利用企業数5万社、月間1億PV、営業利益10億円の達成 / 熱中の肖像 インタビュー後編

株式会社PR TIMES 代表取締役社長 山口拓己

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 2
  • feedy

メディア関係者への認知を進め
検索に並ぶ情報収集手段にする

PR TIMESが取り組む当面の重点施策は、潜在ニーズの掘り起こしである。従来、PR会社の主な顧客対象はメディアに選ばれるような大企業や人気企業だったが、PR TIMESは利用企業の裾野を広げつつある。ニュース発信の価値に気づく企業が増えているからで、この流れを推し進める方針である。

たとえば山口氏が「ほとんどプレスリリースを見たことがない」という美容サロン、あるいは先端的な技術を持つ町工場などが考えられるが、とくに限られた商圏での店舗ビジネスにニュース発信は有効ではないか。山口氏は「ブランディングされれば商圏外からの来店客の導線が形成され、リピーターにもなりうることに気づく企業が増えている」と実感している。

中期目標は2020年度までに利用企業数5万社、グループサイト閲覧数を月間1億PV、営業利益10億円を達成させること。その手段として、メディア関係者にとってPR TIMESがネット検索と口コミに並ぶ情報源になるように認知させる一方で、生活者が企業ニュースを求めるようにプロモートしていく。