• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

熱中の肖像

10

予想を越えるビジネス環境の変革スピード 厳しい試練を余儀なくされる / 熱中の肖像 インタビュー前編

株式会社ODKソリューションズ 代表取締役社長 西井生和

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
株式会社ODKソリューションズ 西井生和 ikukazu-nishii thumbnail

教育、証券などの分野で豊富な実績を誇る

ODKソリューションズは、東証JASDAQの上場企業だ。設立は1963年。今年、創業55周年を迎えた。まさに、情報システム産業の分野ではパイオニア的存在といえる。

「当社のメイン業務は、2つあります。1つは、教育業務。大規模校を中心に大学入試業務のアウトソーシングサービスを手掛け、入試広報支援や志願票受付、採点、合否判定、合否通知、入学手続きなどを一貫して行っています。近年は日本初の大学受験ポータルサイト『UCARO』やインターネット上での出願を可能とする『Web出願システム』なども積極的に展開しており、大学の入試業務のさらなる効率化、コスト削減に貢献しています。もう1つの柱は、証券業務です。証券総合システムや不公正売買監視システムなど証券会社のバックオフィスをサポートする様々なシステムを提供しています。両業務を合わせると、全社の売上の約8割を占めます」

実は、両業務とも歴史はかなり長い。同社が初めて大学入試業務を受託したのは、1964年。証券業務は翌1965年に受託し、サービスを開始している。以後、時代のニーズに逸早く対応し最適なサービス、ソリューションを提供。現在は、年間で延べ108万人もの志願者データを処理するなど、大学入試アウトソーシングの取扱いにおいて国内トップの実績を誇っているほか、長年にわたり培ってきた証券業務の知識と高度な技術力が評価され、中堅の証券会社を中心に同社のシステムが多数稼働している。

株式会社ODKソリューションズ 西井生和 ikukazu-nishii

グループ会社依存体質からの脱却を決意

西井氏が同社の社長に就任したのは、2012年。今年で7期目を迎えることになる。この期間を振り返って、決して順風満帆な日々ではなかったというのが西井社長の本音ではないだろうか。むしろ、会社としての生き残りを賭けた厳しい試練を余儀なくされた歳月であったといったほうが相応しい気がする。
「もともと当社は、旧・大証金(現・日本証券金融)グループ2社の計算事務センターとしてスタートしました。株式も2社で半数近くを保有しており、社長は代々旧・大証金の出身者。私自身も旧・大証金の常務を経て当社に来ました」

当時から、証券市場の流れとしては東京偏重であったので、大阪での証券ビジネスは今後ますます厳しくなると西井社長も理解はしていたものの、その後企業環境が予想以上のスピード感で激変してしまったのである。

「私が社長になった翌年の2013年、旧・大証金は日本証券金融と合併することになりました。これに伴い、旧・大証金グループからの案件が一切途絶えてしまうだけでなく、当社も他社と合併するか、あくまでも自主独立路線を貫くかを選択せざるを得なくなったのです。毎年約5億円ずつの減収となることから、今後の業績はどうシミュレーションしても非常に厳しいものでした。私も大いに悩みましたが、役員や社員らの意見を踏まえ、最終的には独立の道を選ぶことを決めました」

株式会社ODKソリューションズ 西井生和 ikukazu-nishii 1-2

インタビュアー

ライター

袖山 俊夫

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy