1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. AI・人工知能
  4. ソフトバンク、米国のCybereason社とAIを活用したサイバー攻撃対策プラットフォームを提供する 合弁会社を設立

ソフトバンク、米国のCybereason社とAIを活用したサイバー攻撃対策プラットフォームを提供する合弁会社を設立

  • feedy

ソフトバンクと、ソフトバンクが2015年9月に出資したCybereason Inc.(サイバーリーズン、本社:米国マサチューセッツ州)は、AI(人工知能)を活用したCybereason社のサイバー攻撃対策プラットフォームの、日本市場への提供を目的とした合弁会社「サイバーリーズン・ジャパン株式会社」を設立したと発表した。

近年のサイバー攻撃の高度化により、企業や組織では「入り口対策」「出口対策」「セキュリティーオペレーションセンターによる運用監視」など、さまざまなセキュリティー対策を行っている。しかしながら、これまでの対策では侵入を完全に防ぐことが難しく、侵入された場合に攻撃の兆候を早期に検知・対処し、攻撃を成立させない新たなアプローチが求められている。Cybereason社のセキュリティープラットフォーム「Cybereason」は、AIを活用した独自の分析技術によりサイバー攻撃を探知し、企業や組織が抱えるサイバー攻撃対策の課題を解決するクラウド型のデータ解析プラットフォーム。

サイバーリーズン・ジャパンは「Cybereason」の日本総代理店として、日本市場ではソフトバンクが2016年4月下旬以降に提供を開始する。

■サイバーリーズン・ジャパンの概要
社名  サイバーリーズン・ジャパン株式会社(英文社名:Cybereason Japan Corp.)
設立日  2016年1月24日
CEO  シャイ・ホロヴィッツ
所在地  東京都港区東新橋1-9-2
資本金等  4億円
株主  ソフトバンク株式会社、Cybereason Inc.
事業内容  セキュリティープラットフォーム「Cybereason」の日本市場での提供およびそれに付帯する事業