1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. アジア
  4. イーガーディアン、ベネッセグループの TMJ とグローバル戦略的パートナーシップを締結! サイバーセキュリティ事業強化!

イーガーディアン、ベネッセグループのTMJとグローバル戦略的パートナーシップを締結!サイバーセキュリティ事業強化!

  • feedy

イー・ガーディアン【6050】は、ベネッセグループのTMJと戦略的パートナーシップを締結し、新たに中国・フィリピンに多言語運用センターを構えると発表した。
なかでもフィリピンは、サイバーセキュリティ事業の重要拠点と捉え、総合ネットセキュリティ企業として更なる飛躍を目指すとしている。

【今期の目標】
TMJ との戦略的提携により、イー・ガーディアンは中国に続き、フィリピンに提携センターを構える。フィリピンでは、イー・ガーディアン社員が現地スタッフの教育を直接行なう。日本国内で培った高品質のカスタマーサポート/脆弱性診断/デバッグ/投稿監視などのノウハウで、高水準のメディア運用サポートを実現。日本企業の海外進出を支援するのはもちろん、現地法人へのサービス提供も見越した事業を展開する予定。
今期の目標は、40 ブース体制で、導入 5 社を見込むとしている。

【サイバーセキュリティ事業の拡大へ】
フィリピンセンターでは多言語対応のメディア運用サポートと同時並行で、サイバー人材の教育も実施する。ASEAN 新興国の中でもフィリピンは、人口1億人を突破し、インドネシアに次ぐ大国。平均年齢も 23 歳と、「人口ボーナス期」は当面続くといわれている。英語の教育水準の高さはもちろん、昨今では若手 IT 人材が急速に増加し、フィリピンのプログラミング技術力は世界から注目を集めている。
イー・ガーディアングループの HASH コンサルティング(株)代表・徳丸浩の著書『体系的に学ぶ 安全な Web アプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践』はアジア各国でも翻訳されており、国外の技術者にも高い注目を集めている。志の高い現地の優秀な IT 技術者を集め、脆弱性診断など Web セキュリティを中心に、現地内で採用/教育/サービス提供と完結させていく予定。これにより、イー・ガーディアンの総
合ネットセキュリティ企業としての組織力をさらに強化していく方針である。