1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. AI・人工知能
  4. Fintechベンチャーのゼネリックソリューション、ちばぎんキャピタルから資金調達実施

Fintechベンチャーのゼネリックソリューション、ちばぎんキャピタルから資金調達実施

  • feedy

ゼネリックソリューションは、千葉銀行のグループ子会社であるちばぎんキャピタルが運営する「ひまわりG2号投資事業有限責任組合」を引受先とする第三者割当増資の受入れを決定した。

ゼネリックソリューションは、2006年の創業以来、ビッグデータ解析と人工知能技術の技術開発に注力し、インテリジェントなコンピューターをつくるために、データから意味を見出す技術に始まり、膨大なデータを効率的に処理し、実社会で応用し様々な成果につなげてきた。

近年、金融業界において金融(Finance)と技術(Technology)を掛け合わせた“FinTech”が注目されており、従来の金融マーケティングとは異なり、顧客企業におけるビッグデータに着目したパーソナルサービスの強化が期待されている。

こうした背景の中、昨年12月より地方銀行大手の千葉銀行と協業する中で、今般、金融分野での知見を深め、独自の技術開発を推進することを目的として、ちばぎんキャピタルからの割当増資の受入れを決定したとしている。

ゼネリックソリューションは、今後も、GS8が強みとするビッグデータ解析と人工知能技術により、顧客個人に特化した金融マーケティングへのチャレンジを強化していく。なお、ゼネリックソリューションでは、事業規模の拡大を目指して組織力を強化するために、今後1年間で複数企業から総額5億円の資金調達を予定している。