1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. IT・インターネット
  4. ウェルスナビ、総額15億円の資金を調達 SBIグループと業務提携

ウェルスナビ、総額15億円の資金を調達SBIグループと業務提携

  • feedy

最先端のテクノロジーにより世界水準の資産運用サービス「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供するウェルスナビ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:柴山 和久)は、SBIホールディングス、SBIインベストメント、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、DBJキャピタル、インフィニティ・ベンチャー・パートナーズを引受先とする総額約15億円のシリーズBを第三者割当増資にて実施した。2015年4月の会社設立後、資金調達の総額は約21億円を超えた。

また、SBIホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝)傘下のSBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村 正人)および住信SBIネット銀行(本社:東京都港区、代表取締役社長:円山 法昭)と業務提携契約を締結し、それぞれの顧客向けにWealthNavi(ウェルスナビ)のサービスを提供していく予定。さらに、住信SBIネット銀行の顧客向けに、預金・カード・資産運用が連携した日本初の少額からの資産運用サービスを2017年春より開始予定。

今回の資金調達及び業務提携は、次世代の金融インフラを構築するため、積極的に金融機関に対してWealthNavi(ウェルスナビ)のシステムをパッケージで提供していくこと、さらには「銀行+証券+ロボアドバイザー」の連携モデルを実現・普及させ、働く世代における長期的で安定的な資産運用をサポートしていくことを目的としている。

■SBI証券との業務提携
SBI証券(口座数:約360万)との業務提携では、「WealthNavi for SBI証券(仮称)」をSBI証券の顧客に向けて提供し、さらにアプリ間連携などを通じて機能や利便性を強化していく予定。