• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携 FinTech

4

SBI、クラウド型ビッグデータ解析プラットフォーム提供のトレジャーデータ社へ出資

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝)の100%子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島 克哉、以下「SBIインベストメント」)は、同社が運営する「FinTechファンド」等を通じて、クラウド型ビッグデータ解析プラットフォームを提供しているTreasure Data Inc.(本社:米国カリフォルニア州、Co-Founder兼CEO:芳川 裕誠、以下「トレジャーデータ社」)へ出資を行ったと発表した。

また、今回、トレジャーデータ社には、株式会社産業革新機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝又 幹英)、電通デジタル投資事業有限責任組合、シエラ・ベンチャーズ(Sierra Ventures)、スケール・ベンチャー・パートナーズ(Scale Venture Partners)、株式会社アイティーファーム、アメ・クラウド・ベンチャーズ(AME Cloud Ventures)、ビル・タイ氏(Bill Tai)も出資している。

2011年12月、米国シリコンバレーに設立されたトレジャーデータ社は、ビッグデータを一定の月額課金で収集・保管・分析するクラウド型ライブデータマネジメントプラットフォーム『TREASURE DMP』を提供。同社のサービスは、デジタルマーケティング分野で重要な大容量の購買取引データ、Web閲覧データ、各種のアプリケーションやモバイル端末のログデータ、IoT分野のセンサーデータやマシンデータ等、さまざまな非構造化データに対応。顧客には、フォーチュン誌が選ぶ世界企業番付「フォーチュン・グローバル500」の企業も含まれている。日本では、2012年11月にトレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三橋 秀行)を設立し、日本国内の事業開発および技術開発の拠点となっています。

SBIインベストメントは2015年12月にFinTech事業領域への投資を目的として「FinTechファンド」(名称:FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合、出資約束金額:300億円)を設立しました。同ファンドを通じて、国内外のFinTech事業領域の有望なベンチャー企業への投資を積極的に進めると同時に、出資者と投資先企業によるオープンイノベーションの支援を通じて、出資者によるFinTechの導入・活用の推進ならびに投資先企業のバリューアップを実施していく。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy