1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. FinTech・フィンテック
  4. オンライン融資プラットフォームのクレジットエンジン、総額約1.1億円の資金調達実施

オンライン融資プラットフォームのクレジットエンジン、総額約1.1億円の資金調達実施

  • feedy

株式会社クレジットエンジン(本社:東京都品川区、代表取締役:内山誓一郎)は、米国シリコンバレーに拠点を置くシード投資ファンド 500 Startups (本社:カルフォルニア州マウンテンビュー、代表:Dave McClure)、500 Startupsの日本向けファンドである 500 Startups Japan (本社:東京都千代田区、代表:James Riney)、 フリービットインベストメント株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:清水高)、ならびに個人投資家等を引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。

今回の調達により、2016年7月の創業以来の資金調達額は、総額約1.1億円となる。これに伴い、本日、オンライン融資サービス「LENDY(レンディ)」(https://www.lendy.jp/ )のベータ版の提供を開始した。

◆オンライン融資サービス「LENDY(レンディ)」について
LENDYは、中小企業や個人事業主の方々が、面倒な各種書類を作成することなく、事業資金が必要な時にいつでも安心してスピーディーに借入れができるオンライン融資サービス。
LENDYに必要な情報を入力し、登録を完了するだけで、オンラインですぐに借入可能額を知ることができる。本人確認資料のアップロード等必要な準備手続きを完了させておけば、あとは資金が必要な時にオンラインで借入れの申込みをするだけで、いつでもすぐに融資を受けることが可能。
融資審査は、財務情報や信用情報に加えて、タブレット型POSレジデータ、予約データ、評価サイトデータ、オンライン会計データ等の様々なオンラインデータをリアルタイムで継続的に機械学習により分析し、実施している。