• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携

6

触覚センサー開発のタッチエンス、1.1億円の資金調達を実施

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

触覚センサの開発・製造・販売を行うタッチエンス株式会社(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:尾方 謙一)は、DEFTA Healthcare Technologies, L.P.(活動拠点:米国・イスラエル・日本・香港等/代表:原丈人、以下DHCT)等を引受先とした第三者割当増資を実施し、1億1千万円の資金調達を行った事を発表した。また、MEMS産業界の有力者を社外取締役に迎え、MEMS触覚センサの本格的な量産に向けた開発をスタートすることを発表した。

同社は、2011年に産学官連携のスキームによって誕生し、研究開発段階である触覚センサの量産化を目指して活動している開発型ベンチャー企業であり、すでにセンサ自体が柔軟に変形する世界初の柔軟触覚センサ技術の製品化・量産化に成功している。

これに続き、東京大学 下山研究室のMEMS触覚センサ技術に基づく世界最小の多軸触覚センサの開発の加速、製品化・量産化に向けたリソース確保と経営陣の強化を目的として、今回の資金調達を実行した。

DHCTの資本参加により、研究・開発段階である触覚センサの汎用化を実現することで、ヘルスケア分野を含む新しい触覚センサ市場の創造を目指していく。

今後の事業展開について

世界最小の多軸触覚センサ「ショッカクチップ」の6軸化と小型パッケージ化の開発を2年で完了させ、2020年に量産価格で市場投入することを予定している。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy