• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携

5

WOODMAN、Aerial Lab Industriesと資本業務提携を締結

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

WOODMAN株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:小野慎二郎)は、株式会社Aerial Lab Industries (本社:東京都港区、代表取締役CEO 兼CTO:小松周平)との間で、資本業務提携に関する契約を締結した事を発表した。

WOODMANは、ブロックチェーン構築に必要不可欠であるコンピューティング機器の調達及び、GPUやCPUが持つ最大限の能力を引き出す技術サポートを得意領域としている。そこでこの度、ブロックチェーン構築に必須であるエッジコンピューティングマシンの開発技術、先進的なドローン技術やブロックチェーン領域におけるノウハウやネットワークといった優位性を保有するA.L.Iと業務提携することにより、A.L.I.が目指す「エアーモビリティ社会」の実現、またWOODMANが目指すブロックチェーン技術の汎用化をそれぞれ加速させる予定である。

WOODMANおよびA.L.I.は、今回の資本業務提携を通じ、以下の協業を推進していく。
1. 資材調達及び、技術サポートにおける連携
WOODMANはA.L.I.が必要とするGPUやマザーボード等、エッジコンピューティングマシン製造の為の資材調達及び、技術サポートを提供し、A.L.I.が目指す「エアーモビリティ社会」の実現を加速させる。

2. 特別販売代理店契約の締結
A.L.I.が開発するエッジコンピューティングマシン「A.L.I. ALBATROSS」*1 をWOODMANが販売することを可能とする特別販売代理店契約を締結する。これにより、企業や個人のブロックチェーン産業への参加が飛躍的にスムーズになる予定となる。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy