• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携

6

STANDAGE、CryptoSIM Labs Pte LTDと日本での事業拡大において業務提携

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社STANDAGE(本社:東京都港区、代表取締役社長:足立彰紀)とシンガポールに拠点を置くブロックチェーン開発企業のCryptoSIM Labs Pte LTD(本社:シンガポール、代表取締役:William Koo)は、2018年11月5日に、日本での事業拡大において業務提携することに合意したことを発表した。

CryptoSIM Labsは、安全な暗号資産の取引を世界中に普及させるため、携帯電話のSIMカードに独自にWallet機能を導入した、ウォレット機能付きSIMカードの販売及び技術提供を行うCOSMIC3.ioソリューションを提供している会社である。

COSMIC3.ioは、CryptoSIM Labsの技術(特許技術及び特許出願中の技術)を用いる事で、今後暗号資産ユーザーは、TreazorやLedger Nanoといったハードウォレットを持参する必要もなく、自身の携帯のSIMがハードウォレットになり、よりセキュリティと利便性が高まったものとなっている。

STANDAGEは、NEO Foundationと慶応大学と共に、ブロックチェーン技術の普及活動を積極的に行っている。

STANDAGEは、CryptoSIM Labsの技術は暗号通貨先進国である日本の人々が安心安全に取引を行う上で必要不可欠であると確信し、今回の業務提携に至った。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。
投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。
なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。
つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy