• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携

日本経済新聞社、未上場企業への投資管理ツール「FUNDBOARD」提供のケップルと資本業務提携

  • 0
  • feedy

株式会社ケップル(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 神先孝裕)は、株式会社日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)と資本業務提携したことを発表した。

株式会社ケップルは、「Create New Industries」をビジョンに掲げ、スタートアップや投資家のバックオフィス業務を中心に支援してきた。
株式会社ケップルが提供する「FUNDBOARD」は、スタートアップを中心とした未上場企業を対象とする投資家の実務をサポートし、コミュニケーションを効率化する、未上場株の管理ツールである。

日本経済新聞社は、1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきた。主力媒体である「日本経済新聞」の発行部数は現在約242万部で、約1300人の記者が日々、ニュースを取材・執筆している。

今回の資本業務提携により、日本経済新聞社と協力し、「FUNDBOARD」の開発・運用体制の強化を行い、より安定的かつセキュアなサービス運用を行い、また、両社は成長期待の大きいスタートアップ関連分野の新サービス開発・運営を推進していく。